【警鐘】「1歳の息子が2度嘔吐しました」良かれと思ってやったことが恐ろしい結果を招くことに・・・


今回ご紹介するのは、「よかれと思っってやった事」が招いてしまった不運な事故。

特に一昔前の世代の方はその存在を知らない方も多く、ついやってしまった経験がある方もいると思います。

しかし知らなかったとはいえ、子供の”命”を脅かしかねない大変な事態です。

是非多くの方にこの事実を知っていただき、周囲の方だけでなく実際にお子さんを持つ保護者の方への警鐘につながればと思い掲載させていただきます。

見知らぬ高齢者の方へ

今回ご紹介するのは、Twitterユーザー・師走トオル(@SiwasuToru)さんのこんな投稿。

1歳の息子さんと共に、近所のコミュニティセンターを訪れていた投稿者さん。

そこで知り合いのお子さんが階段から転落してしまったため、無事を確認している間に息子さんから一瞬目を離してしまいます。

その間に傍にいたおじいさんが、息子さんに「どら焼き」を食べさせてくれたそうなのですが・・・。

そのおじいさんの良かれと思って取った行動が、大変な事態を呼ぶことになってしまったのです。

実際のツイートがこちら。

なんと、投稿者さんの息子さんは「卵アレルギー」を持っていたのです。

もちろんおじいさんはそんなこととは知らずに、良かれと思い与えてくれたのでしょう。

しかしアレルギーを持つ方にとってその食材を口にするというのは、まさに自殺行為です。

それが小さい子供ならなおさら、実際にアレルギーにより命を落とす方も多くいるのです。

幸い投稿者さんの息子さんは、大事には至らず快方に向かっているとの事。

今回の投稿に対し、多くのユーザーからコメントが寄せられました。

実際に同じような経験をされたお母さんからのコメントも多く、かわいい赤ちゃんや子供を見ると何か食べさせたがる方は少なからずいるのです。

現代では広く認識されている「アレルギー」ですが、一昔前ではアレルギーというのは世間一般的ではありませんでした。

実際に子供を持つ私たちも、「アレルギーを知らない人がいる」という意識を持ち、このような事故を事前に防がなければなりません。

更にはアレルギーは見た目から判断することは出来ず、子供が自分で認識できるケースも多くありません。

そこで今では「アレルギーマーク」という物も販売されているようです。

これでしたら、パッと見た方も食べさせてはいけない事を発見しやすいですよね。

アレルギーに対する知識が多くの方に広まってくれるのが1番ですが、言葉を喋れない赤ちゃんのために、私たち保護者が子供の安全を守らなければなりません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*