「10歳の時の事覚えてるか?」死を悟った父親の小さな告白。我が子に対する大きな愛情に涙


親というものは、子供の事についてはいつまでも忘れずにいるものです。

産まれてきたときのこと、初めて歩いた日、喋った日、嬉しいことはもちろんのこと。

特に子供が傷ついたり、時に悲しませてしまったりした時のことは、意外なほどよく覚えています。

これからご紹介するのは、巨大掲示板に書きこまれた、子供の頃の小さな出来事に纏わるお話です。

お父さんの小さな告白

家族でお出かけ中、4つ違いの妹(当時小学生)がビタン!と転倒、泣き叫ぶ妹を親父は抱き起こし、泣きやむまでおぶって歩いた。

厳しい親父だったし、俺はそんな事してもらった事はなかった。

小坊だった俺はその場では文句も言えず、後で母親に「ずるい…」とか拗ねてみせた覚えがある。

それから十余年、俺が一九の時に親父が胃ガンになった。

告知はしていなかったが親父は自分の病状に気づいている様子。

見舞いに行ったある日、親父は俺にこう言った。

「10歳の時、○子(妹)が転んだ事、覚えてるか?」

「うん」

「母さんから聞いた。悪かったと思ってる。でもな」

「今更何だよ」

「○子は優しく育って欲しいから助けた。おまえは強く育って欲しいから放っておいたんだよ」

「・・・・」



泣いちゃいけないと思いながら、泣けて仕方なかったよ。

(本文まま)

我が子に対するお父さんの愛情と、投稿者さんの切なさが伝わってきて涙が出ます。

あの時の事を、ずっと後悔として心の中にとどめ続けていたお父さん。

しかし我が子を想うからこその行動に、頭がさがる思いです。

小さな出来事に対するお父さんの小さな告白。そこには、我が子に対する深い深い愛情が詰まっていたんだろうなと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*