【泣いた】「僕の夢は幼稚園に行くこと」余命わずかな男の子。念願の夢をかなえ天国に旅立つ


アメリカ・ケンタッキー州に暮らすブルース君。

彼の夢は『スクールバスに乗って幼稚園に行くこと』です。

ところが2017年11月、まだ5歳のブルース君に脳腫瘍の一種である小児脳幹部グリオーマが発見されました。

2018年9月から通うことになっていた幼稚園を心待ちにしていたブルース君でしたが、病気の進行が早く新学期まで待てない状態にまで陥ってしまいます。

そのことを知った幼稚園の先生やスタッフたちは、なんとかブルース君の夢を叶えてあげようと、ある行動を起こしたのです。

夢をかなえてあげたい

ブルース君の状態を知った幼稚園の先生は、夏休みが始まってすぐの6月13日、彼のためだけに幼稚園を開園することに決めます。

『ブルース君の日』と名付けられたこの日、彼は念願だった夢をかなえることになるのです。

心待ちにしていたスクールバスに乗り幼稚園へ向かうブルース君。

出迎えてくれた先生と共に校庭で遊んだり、おやつを食べたりと初めての幼稚園を満喫します。

そして最後は先生と一緒に記念撮影をし、最高の笑顔で家に帰宅しました。

夢を叶えた少年

念願だった幼稚園を訪れてから約2ヶ月後の8月4日。

夢を叶えることができたブルース君は、両親の腕の中で安らかに天国へ旅立ちました。

両親は彼が迎えるはずだった誕生日の前日に、Facebookにて泣き息子への想いを投稿しました。


明日のブルースの誕生日に、私たちは彼の思い出に浸り、彼が存在してくれたことをお祝いします。

6歳の誕生日に彼に生きていてほしかった。106歳の誕生日も。彼に夫に、父親に、そして祖父になってほしかった。

未来が彼を受け入れてくれなかったことが悲しい。私の家族にとって、私自身にとって、ブルースがいない生活が悲しい。

そして彼がこの先2度と存在しないこの世界を悲しんでいます。

両親はブルース君がお世話になった病院へと赴き、スタッフたちにプレゼントを配るのだそうです。

そして彼との思い出を共に分かち合いたいと話しています。

病気と闘いながらも笑顔を絶やすこと泣く、1日1日を懸命に生き続けたブルース君。

天国から、みんなが誕生日を祝っている様子を、笑顔で眺めているかもしれませんね。

改めましてブルース君のご冥福と、両親の心に平穏が取り戻されることをお祈りしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*