感動

人間の浅はかな欲が招いた悲劇。ペット産業の犠牲となった繁殖犬の悲しい生涯を忘れてはならない

あなたはペットショップの裏側を想像したことはありますか?

一部のペットショップやブリーダーの中には悪質な行為を繰り返し行っているケースがあります。

子犬を量産するために、餌もまともに与えられず繰り返し繁殖をさせられる犬。

人気のMIX犬を作るために、動物実験さながらの繁殖実験をしているなんてケースもあります。

ペットショップに並んでいる愛らしい犬たちの裏側には、犠牲となっているたくさんの犬たちがいるのです。

グレムリンと呼ばれた犬

2016年2月、アメリカ・テキサス州で悲しい犬が保護されました。

繁殖の知識が薄いバックヤードブリーダーが、売れる容姿を作るために繁殖実験を繰り返したのでしょう。

人間のエゴにより様々な犬種を掛け合わせる繁殖実験の結果、普通の犬とはかけ離れた容姿になってしまった犬。

気道は呼吸困難に陥るほど狭く、心臓肥大によって片側の肺が押しつぶされていたため満足に呼吸をすることもできません。

そして4本の足は変形してしまい、まともに歩くこともできない状態でした。

その容姿から「グレムリン」と呼ばれていた犬は、「ロキ」という名前が与えられ新しい人生をスタートさせます。

みんなの人気者に

容姿とは裏腹に、まるで太陽のように明るく天真爛漫なロキ。

人間のことが大好きで、甘えてくる姿は決してグレムリンなんかではありません。

ロキの存在がインターネットにアップされるとたちまち拡散され、あっという間にみんなの人気者になりました。

そしてロキのファンたちから、ロキの治療負のために2,500ドル以上の寄付金が寄せられたのです。

人間のエゴで傷つけられた犬は、人間の温かさによって手術を受けることができるようになりました。

こうして手術を受けたロキは、以前よりもずっと楽に呼吸ができるようになります。

更にロキの体力が回復したころ、保護しているセンターにロキの竿親になりたいという女性が現れました。

初めての家族

ロキの里親に名乗りを上げてくれた1人の女性。

女性は既にに犬を何匹か飼っていましたが、先住犬たちもロキの事を快く迎え入れてくれたといいます。

ソファでくつろぐ時にも呼吸が苦しくないようにと、ロキのために「あご乗せ台」まで用意してもらいました。

庭の芝生で仲間たちと遊びまわるロキ、このまま幸せに暮らしていけるかと思った矢先、とても悲しい知らせが届きます。

呼吸状態が突如悪化し、ロキは虹の橋を渡ってしまったのです。

2016年9月、保護からわずか6ヶ月後の事でした。

ロキの存在を忘れてはならない

里親となった女性は、Facebook上にロキと、ロキを応援してくれたすべての人へ向けてこのような投稿をしました。

「天国で自由に走り回るロキ!

あなたはもう痛みや呼吸の苦しさから解放されたのね。

みなさん、ロキを愛してくれてありがとう。

どうか、どうか、ロキのように苦しんでいる子のために、あなたができることを考えてください」

ロキの一生はとても短いものになってしまいましたが、最期に愛する家族と穏やかな時間を共有できたことが何よりの救いです。

そして今この時も、ロキのように今も苦しんでいる犬は日本を含む全世界にいます。

ロキの死を無駄にしないためにも、これからのペット産業の在り方、そして私たちがペットに何を望むのかについて真剣に考えなければならないのです。

【感動】声を失い息子に絵本を読むことも歌をうたってあげることもできなくなった母。意思疎通のできない日々が辛く・・・

あなたは突然声が出なくなったらどうしますか?

小さいお子さんを持て居たらなおさらの事、これまでのように意思の疎通ができない日々は私たちが想像するよりもはるかにつらい日々となるでしょう。

今回ご紹介するのは1歳7ヶ月のお子さんを持つママのお話し。

喉の病気により突然声を失い息子との卒手段を失った母は悩みに悩み、ある日その苦しみは限界を超えてしまいました。

声を失った母

私は三年前に喉の病気が原因で、声が出なくなった。

息子に歌を歌うことも、絵本を読んであげることも出来ない。

一歳七ヶ月だから、手話なんて分かるわけのない息子との暮らしは想像以上に意思疎通がままならなくて、いつも息子は旦那の声に反応してニコニコしたり、嬉しそうにしてる。

私に対しては、やはり何をいってるのか分からないらしくて、いつも「ううん」と首を横に振られ続ける。

ご飯も、着替えも。

そんな生活がつらくて、ほんとうにつらくてとうとう旦那に泣きついてしまった。

ママのことが世界一好きな人

そうしたら、旦那が寝ている息子の傍に行って、そっと息子の耳元で

「ママのことが世界一好きな人、手あげて」

と囁いた。

そしたら、息子はすうっと手を上げてくれた。

何度も、何度も、旦那がもういいよと笑いながら止めるまで、ずっと手を上げ続けた。

そして、夢うつつにママ、ママと私を呼んでくれた。

泣き出した私に、旦那は

「ほら、○○はちゃーんと○の気持ちわかってたんだよ、言葉は通じなくても、全部伝わってるんだよ。お前の頑張ってる姿、ちゃんと見てるんだよ」

と言ってくれた。

次の日から、考え方が変わった。

もう、歌えなくても喋られなくてもいいんだとわかった。

心さえ繋がっていれば、いつまでも親子なんだって、初めて気づかされた出来事だった。

(原文まま)

子供とコミュニケーションが取れない中で、母としての自信も無くしてしまっていたお母さん。

息子を想う気持ちが強いからこそ、超えられない壁にもどかしさも人一倍感じていたことでしょう。

声は私たちにとって一つのコミュニケーションツールであり、それが絶たれてしまうという事は想像以上の苦労があるでしょう。

けれど人には、言葉ではどうしても伝わらないものがあります。

そして本当に伝えるべきことは、言葉では伝わらない部分にこそあるのかもしれません。

【感動】愛犬が救った1つの命!雪の中倒れた主人に寄り添い助けを求めた犬に称賛の声

犬は時に主人のピンチを救ってくれることがあります。

ご主人の愛情のたまものともいえますが、犬は人間以上に忠義に溢れその愛情を返そうとする生き物なのです。

今回ご紹介するアメリカ・ミシガン州で起きたとある事故。

そこで主人の命を救った1匹の犬が世界で注目を集めています。

雪の降る夜

2016年12月31日のもうすぐ新年を迎える頃、ボブさんのクラスアメリカ・ミシガン州では雪が降っていました。

気温はおよそ−4.5℃と、身体を刺すような凍てつく夜の出来事です。

自宅の暖炉で暖まりながら、愛犬であるゴールデンレトリバーのケルシーと共にサッカーの観戦をしていたボブさん。

ちょうどCMに差し掛かった頃、彼は外にストックしてある暖炉の薪を取りに行こうと立ち上がりました。

すぐ戻るつもりだったボブさんは上着も羽織らず、ジーンズとスリッパ、長袖のシャツという軽装のままで氷点下の下回る極寒の中へと出ていきました。

しかし5mほど歩いたところで氷に足を滑らせ、派手に転倒してしまいます。

転倒した時の衝撃で首を骨折してしまったボブさんは、凍てつく寒さの中起き上がる事すらできなくなってしまったのです。

異変を感じ取ったケルシー

凍てつく寒さの中、身動きもとれずに取り残されてしまったボブさん。

混乱しながらも助けを求め叫びますが、隣の家までは500mほど離れており彼の声は届きません。

もはや絶望的な状況に陥ったボブさんでしたが、その時思わぬ助けが現れます。

なんと、飼い主の一大事をかぎつけ、愛犬のケルシーがボブさんの元へ駆け寄ってきました。

そして彼の異変を察すると、ボブさんの身体に覆いかぶさるように身を横たえ、助けを求めるため必死に吠え続けたのです。

気温−4.5℃という寒さで冷えていく身体を、ケルシーは片時も離れず温め続けました。

そして意識がもうろうとし、睡魔に襲われたボブさんの顔や手をなめ彼を励まし続けたのです。

とうに新年を迎え・・・

こうしている間に新しい年を迎えて夜が明け、更には1月1日の日も暮れ始めてきました。

その間隣人が現れることはなく、ボブさんの声はとうとう枯れてしまいます。

睡魔と必死に戦い続けてきた彼でしたが、限界を迎えついには意識を手話してしまいました。

しかしケルシーはその後も諦めることはなく、飼い主の危機的状況を知らせるためにひたすら吠え続けたのです。

それが功を奏し転倒からおよそ20時間後、1月1日18時半ごろにようやくケルシーの声に気付いた隣人にボブさんは発見されました。

低体温状態だったボブさんはすぐさまミシガン州のマクラーレン北部病院に運ばれます。

そして検査の結果、転倒の衝撃で首が折れ、ヘルニアを発症していたことが判明。

そのヘルニアが脊髄を圧迫し、足の麻痺を引き起こしていた可能性がありました。

緊急手術が行われ目が覚めたボブさんは、自分の体が凍傷になっていなかったことを知ります。

これは一度も離れることなく自分を温め続けていたケルシーおかげ。

自分の体を温める愛犬の姿を思い出し、胸がいっぱいになったそうです。

ケルシーへの感謝

手術の結果、ボブさんは幸いにも奇跡的に体が動くようになりました。

元の運動機能を取り戻すまでには長いリハビリが必要ですが、通常よりも早いスピードで回復しているそうです。

ボブさんは自分をあの絶望的な状況から救ってくれたケルシー永遠に感謝し続けるといいます。

1匹のヒーローが引き起こした奇跡は全世界へと発進され、多くの人の心に刻まれました。

これからもボブさんとケルシーが幸せな時間を過ごせることを願います。

【驚愕】墓場に住み着いた瀕死の犬たち。地獄のような環境から150匹の犬を救ったのは1人の女性でした

フィリピンのとある場所にある墓地。

そこには今にも餓死寸前の犬たちが大量に住み着いていました。

フィリピンでは「犬を飼う」という認識が日本とは違い、放し飼いは当たり前、食べ物も犬が自力で見つけてくることが多いそうです。

この墓地には、誰かに飼われているつもりの犬たちが集まり地獄絵図と化していました。

墓地に住み着いた犬たち

この墓地には実に150匹以上もの犬たちが住み着いていました。

そのほとんどの犬が痩せ細り飢餓状態にあり、更には皮膚病を患い体毛が抜け落ちてしまっています。

数年前、地域の動物レスキューグループの創設者であるアシュリー・フォンノさんは偶然この場所を通りかかりました。

その当時の事汚アシュリーさんはこのように振り返ります。

「初めのこの場所を目にした時のことは、なんと表現したらいいのか・・・。

現実の世界とは思えませんでした。

ここは地獄じゃないか、ってそんな印象を受けたんです。」

アシュリーさんはこの現状を打破すべくチームメンバーと共に立ち上がりました。

犬のケアをスタート

まだ夜明け前の気温が上がらないうちに、アシュリーさんとチームメンバーとで犬たちを散歩させることにしました。

到着した彼女が遠目に見えると、犬たちは一目散に駆け寄ってきてじゃれつく姿も見られました。

アシュリーさんに発見された犬たちは、食事だけではなく必要な医療的処置やその他のケアも受けられるようになったのです。

しかしアシュリーさんの使命はこれだけでは終わりません。

「フィリピンでは、犬の飼い主になるという概念はとても曖昧です。

週に一度しかエサを与えていなくても、その人はその犬を飼っているつもりでいるのです。

この国では、犬と人間は自然に共存するものであって、犬たちは放し飼いはもちろんのこと、エサも自力で見つけているケースがほとんどです。」

ここに住み着いた犬たちが、正しい飼い主に見つけられペットとして可愛がられるようにする必要がありました。

そのためにはまず、我々人間の意識から変えていかなければなりません。

そこで彼女は、地域に住む小さな子供たちに目を向けたのです。

犬に対する意識改革

「地域に貢献し、地域を改善するために一番重要なのは、このような小さな子ども達を取り込むことです。

彼らは新しいことを吸収する天才ですから。

子ども達が何かを学ぶと、それはその家族に影響を及ぼします。

私たちが直接大人たちに何かを教えようとするより、ずっとうまくいくんです。」

彼女は小さな子供たちを集め、犬への接し方や必要なケア、そして命を飼うことについての話を繰り返しおこないました。

こうして職員やボランティア、そして子供たちの力によって、この墓地周辺に暮らす人々の犬に対する向き合い方に変化がみられるようになりました。

犬へ対する想い

フィリピンの中でも貧困な地域に位置するこの墓地では、人々が犬の生活にまで手を出すことは簡単な事ではありません。

アシュリーさんは地域の人とも触れ合う中で、そのことについて痛感したといいます。

「人々の生活が過酷だと、動物たちの生活はさらに過酷になるということを、この国で学びました。

ここに生きる人々の生活は、私たちが想像できないくらい困難なものです。」

それでもアシュリーさんの地道な活動は徐々に身を結んでいきます。

地元の人がボランティアとして定期的にえさを持ってきてくれたり、散歩に連れ出してくれるようになったのです。

彼女とチームメンバーの活動を傍で見守りながら育った子供たちは、犬を「ただそこに存在するもの」としてではなく「大切なパートナー」として扱ってくれるようになりました。

「犬に水を与えたり、私たちが提供したシャンプーを使って洗ってやったり、子ども達が犬を散歩させたり、胸に抱えて撫でてやったり・・・。

これまでは考えられなかったような光景が見られるようになりました。」

と嬉しそうに話すアシュリーさんは、更に驚くべき行動にまで乗り出したのです。

クリスマスプレゼント

アシュリーさんたちの活動はこれだけにとどまりません。

なんと地域に住む子供たちのために、500個ものクリスマスプレゼントを用意したのです。

中には動物との心を通わせるような絵本やお菓子、学用品、おもちゃ、せっけんなどが詰められていました。

地域の貧困がなくなればおのずと犬への考え方も変わるかもしれないと考えたのでしょう。

「自分ができることを誰かのために精一杯やる。

それだけで、世界はずっとずっと良い方向へ向かっていくと私は信じています。

私たちはただ自分たちにできることを、精一杯やっているだけなんです。」

地道な努力でコミュニティ全体に変革をもたらしたアシュリーさん。

彼女のおかげで救われた犬や人が、いつまでも笑い合える地域になるといいですね。

【感動】てんかん発作により記憶喪失になった女性。忘れられた交際相手の深い愛情が再び奇跡を起こす

イギリスに暮らす交際7ヶ月のカップルに起きた悲劇。

突然てんかんの発作に倒れた彼女は記憶を失ってしまい、これまでに起きたすべての出来事や家族でさえも思い出すことができなくなってしまったのです。

当然交際相手の存在すらも思い出せない彼女でしたが、彼の深い愛情によりとても素敵な奇跡が起こりました。

そこにはたとえ記憶を失おうとも、切手は切れない真実の愛があったのです。

イギリスに暮らすカップル

イギリス・ケント州のタンブリッジ・ウェルズに暮らす20歳の女性、ジェシカ・シャーマンさん。

14歳の頃から「てんかん」を患っていた彼女ですが、恋人であるリチャード・ビショップさんと幸せな生活を送っていました。

しかし交際開始からわずか7ヶ月が経った頃、ジェシカをてんかんの発作が襲います。

同じ職場で働く2人は、この日もいつもと同じようにロンドン行の電車へ乗っていました。

そこで突然てんかんの発作を起こしてしまったジェシカさん。

リチャードさんはなんとかジェシカさんを会社に連れて行き、彼女の両親を呼び出しました。

ところがジェシカさんはこのときすべての記憶を失っており、恋人や家族をはじめ、自分の顔すら思い出すことができなくなってしまったのです。

駆け付けた両親と対面してもなお、その記憶が戻ることはありませんでした。

発作が原因で起こる健忘症

これまでにも何度かてんかんの発作を起こしてきたジェシカさんでしたが、記憶を失ってしまうのは初めての事でした。

ジェシカさんの両親は彼女に過去の写真を見せたものの、見知らぬ他人としか思えなかったそうです。

親身にサポートしてくれるリチャードさんに対しても、最初は恐怖感と嫌悪感が強かったといいます。

両親はジェシカさんを、ロンドンの神経内科と脳神経外科が揃う国営病院へと連れて行きました。

およそ1週間の検査入院により「発作が原因で起こる健忘症」と診断されたジェシカさん。

医師からはもし記憶が戻ることがあっても少なくとも半年はかかる事、そして50%の確率で再びすべての記憶を失ってしまう可能性がある事を告げられます。

これまでの幸せな生活から一変、通常の社会生活を送れるかどうかもわからないと宣告されてしまったのです。

真実の愛

記憶を失くし「見知らぬ人」となってしまったリチャードさん。

ジェシカさんは彼に別れを切り出しますが、それでも彼が諦めることはありませんでした。

ジェシカさんの両親がジェシカさんに料理や好きだったテレビ番組を教えたりとサポートするように、リチャードさんも愛する人にもう一度自分のことを思い出してもらおうと根気強くジェシカさんを支え続けたのです。

ジェシカさんは恋人のリチャードさんのことを次のように語ります。

リチャードはふたりがお気に入りだったというレストランにも連れて行ってくれました。

そして私たちが過去、どのような交際をしていたかを全部話してくれたのです。

彼はとても我慢強く、情熱的に私を支えてくれています。

初めて彼に恋したことは忘れてしまいましたが、2回目、彼と恋に落ちたことははっきりと覚えています。

いまだに記憶は戻らないながらも、再びリチャードさんと恋に落ちたジェシカさん。

まさに真実の愛で結ばれた運命の2人ともいえるでしょう。

失われた記憶がいつ、どのように戻るのかは誰にもわかりません。

ですが彼女は多くの人に支えられながら、新しくコールセンターの仕事にも付き、徐々に自信を取り戻していっているそうです。

たとえ大きな困難が2人を引き裂くことがあったとしても、この2人ならば何度でも巡り合うことができるでしょう。

【泣いた】「僕の夢はパパみたいな消防士になること!」ガンと闘う3歳の男に舞い降りた奇跡


幼い男の子にとって、父親はヒーローであり憧れの存在です。

今回ご紹介する少年もまた消防士である父親に憧れ、父親のような立派な消防士になるのが夢になっていました。

しかし少年が1歳になり、2歳になろうというときに恐ろしい病魔が襲い掛かります。

それでも小さな身体で必死に闘い続け、夢を諦めなかった少年に素敵な「奇跡」が舞い降りました。

パパみたいな消防士になりたい!

トラッカーの父親は消防士です、幼いトラッカーにとって消防士の父親は憧れのヒーロー。

いつしか彼は父親のような立派な消防士になるのが夢になっていました。

しかしそんなトラッカーが2歳になる前に突然彼を病魔が襲います。

幼い少年を蝕む病魔の正体は「進行性の神経系の癌、神経芽細胞腫」でした。

神経芽細胞腫は小児ガンの代表的なものの1つで、神経を作る細胞の若いものが悪性化してかたまりになる悪性固形腫瘍の1つです。

懸命な治療を続けたトラッカーですが、それをあざ笑うかのようにガンは進行していきます。

そして両親はトラッカーに少しでも適切な治療を受けさせるため、ハワイからニューヨークの病院へ移る決断をしました。

この時トラッカーに付き添えたのは母のみ、大好きなお父さんとは離れ離れになってしまします。

ですが、ニューヨークの病院で腫瘍を摘出する手術を受けられることが決まったのです。

ニューヨークで起きた奇跡

ニューヨークの病院にうつったトラッカーは、何度も手術を受けました。

頭に無数の傷跡が残りましたが、それでも幼いトラッカーは負けずに病魔と闘います。

彼の夢は消防士になる事、病気になど負けていられないのです。

そんなある日、ニューヨーク市消防局の消防士が、ボランティアの一環でドナルド・マクドナルド・ハウスに訪れました。

ドナルド・マクドナルド・ハウスはその名前の通り、ファストフードチェーンのマクドナルドが運営する施設。

この施設は日本を含む全世界に展開されており、病気と闘う子供を支援するほか、家から遠く離れた病院へ付き添う家族の滞在施設としても利用されています。

そして幸運にも、トラッカー同じ施設でつらい治療を終えた身体を休めていたのです。

憧れでありヒーローでもある消防士に会えるという事で、トラッカーはとても興奮しました。

ある消防士との出会い

偶然居合わせたボランティアの消防士が目に飛び込み、、一目散に駆け出したトラッカー。

そして消防署長のジム・グリスマーさんの目の前まで来ると自己紹介をしました。

ジムさんは当時についてこのように話します。

「男の子が目をまん丸くして興奮した様子で私のところに歩いて来ました。

私が腕を広げると、その子は私によじ登って抱きしめてくれたのです。

まるで何年も知っている友人に会った時のようでした」

そしてこの2人の出会いが、トラッカーに大きな幸せと奇跡をもたらしてくれることになりました。

なんと後日ニューヨーク消防局の消防士たちは、トラッカーを名誉消防士隊員に任命したのです!

立派な消防士の一員となり、彼の夢がかなった瞬間でもあります。

そして大きな希望をもらったトラッカーは順調に回復しており、今でもニューヨークの消防士と交流を続けています。

家族やニューヨーク市消防局の消防士たちの愛の溢れるサポートと、彼自身の生きる意志が病魔を撃退しようとしています。

何年か後に大人になったトラッカーも多くの人に
夢や希望を与える素晴らしい消防士になることでしょう。

トラッカーはまだ3歳、少年の物語は始まったばかりです。