称賛

人間の浅はかな欲が招いた悲劇。ペット産業の犠牲となった繁殖犬の悲しい生涯を忘れてはならない

あなたはペットショップの裏側を想像したことはありますか?

一部のペットショップやブリーダーの中には悪質な行為を繰り返し行っているケースがあります。

子犬を量産するために、餌もまともに与えられず繰り返し繁殖をさせられる犬。

人気のMIX犬を作るために、動物実験さながらの繁殖実験をしているなんてケースもあります。

ペットショップに並んでいる愛らしい犬たちの裏側には、犠牲となっているたくさんの犬たちがいるのです。

グレムリンと呼ばれた犬

2016年2月、アメリカ・テキサス州で悲しい犬が保護されました。

繁殖の知識が薄いバックヤードブリーダーが、売れる容姿を作るために繁殖実験を繰り返したのでしょう。

人間のエゴにより様々な犬種を掛け合わせる繁殖実験の結果、普通の犬とはかけ離れた容姿になってしまった犬。

気道は呼吸困難に陥るほど狭く、心臓肥大によって片側の肺が押しつぶされていたため満足に呼吸をすることもできません。

そして4本の足は変形してしまい、まともに歩くこともできない状態でした。

その容姿から「グレムリン」と呼ばれていた犬は、「ロキ」という名前が与えられ新しい人生をスタートさせます。

みんなの人気者に

容姿とは裏腹に、まるで太陽のように明るく天真爛漫なロキ。

人間のことが大好きで、甘えてくる姿は決してグレムリンなんかではありません。

ロキの存在がインターネットにアップされるとたちまち拡散され、あっという間にみんなの人気者になりました。

そしてロキのファンたちから、ロキの治療負のために2,500ドル以上の寄付金が寄せられたのです。

人間のエゴで傷つけられた犬は、人間の温かさによって手術を受けることができるようになりました。

こうして手術を受けたロキは、以前よりもずっと楽に呼吸ができるようになります。

更にロキの体力が回復したころ、保護しているセンターにロキの竿親になりたいという女性が現れました。

初めての家族

ロキの里親に名乗りを上げてくれた1人の女性。

女性は既にに犬を何匹か飼っていましたが、先住犬たちもロキの事を快く迎え入れてくれたといいます。

ソファでくつろぐ時にも呼吸が苦しくないようにと、ロキのために「あご乗せ台」まで用意してもらいました。

庭の芝生で仲間たちと遊びまわるロキ、このまま幸せに暮らしていけるかと思った矢先、とても悲しい知らせが届きます。

呼吸状態が突如悪化し、ロキは虹の橋を渡ってしまったのです。

2016年9月、保護からわずか6ヶ月後の事でした。

ロキの存在を忘れてはならない

里親となった女性は、Facebook上にロキと、ロキを応援してくれたすべての人へ向けてこのような投稿をしました。

「天国で自由に走り回るロキ!

あなたはもう痛みや呼吸の苦しさから解放されたのね。

みなさん、ロキを愛してくれてありがとう。

どうか、どうか、ロキのように苦しんでいる子のために、あなたができることを考えてください」

ロキの一生はとても短いものになってしまいましたが、最期に愛する家族と穏やかな時間を共有できたことが何よりの救いです。

そして今この時も、ロキのように今も苦しんでいる犬は日本を含む全世界にいます。

ロキの死を無駄にしないためにも、これからのペット産業の在り方、そして私たちがペットに何を望むのかについて真剣に考えなければならないのです。

「汚い猫を見つけたので虐待することにした」愛が溢れる男性の行動に心打たれる

もし街中で弱った子猫を見かけたら、あなたはどうしますか?

今回ご紹介するエピソードは、偶然見かけた汚い子猫を見つけらとある男性のおはなし。

タイトルからは想像もつかない優しさ溢れる行動に思わず胸を打たれます。

汚い猫を見つけたので虐待することにした

汚い猫を見つけたので虐待することにした。

他人の目に触れるとまずいので家に連れ帰る事にする。

嫌がる猫を風呂場に連れ込みお湯攻め。

充分お湯をかけた後は薬品を体中に塗りたくりゴシゴシする。

薬品で体中が汚染された事を確認し、再びお湯攻め。

お湯攻めの後は布でゴシゴシと体をこする。

風呂場での攻めの後は、全身にくまなく熱風をかける。

その後に、乾燥した不味そうな魚を食わせる事にする。

そして俺はとてもじゃないが飲めない白い飲み物を買ってきて飲ませる。

もちろん、温めた後にわざと冷やしてぬるくなったものをだ。

その後は棒の先端に無数の針状の突起が付いた物体を左右に振り回して猫の闘争本能を著しく刺激させ、体力を消耗させる。

ぐったりとした猫をダンボールの中にタオルをしいただけの質素な入れ物に放り込み 寝るまで監視した後に就寝。

猫を拾ってから3日が経ち・・・

汚い仔猫を見つけたので、虐待するため拾ってきてから3日が過ぎた。

その間、ずっと薬品を体中に塗りたくり、俺の嫌いな白い飲み物を、たっぷりと飲ませた。

だいぶ効いているようだ、手足を伸ばして俺に腹を見せて『ンニャ~~ン』と声を漏らすようになった。

覚悟しろよ!これからもこの攻撃は続けていくぜ。

乾燥した不味そうな塊が無くなったので、買いに行くことにする。

だが、コイツは逃げるタイミングを狙っていたのだろう、俺が部屋を出ようとするとダッシュをしてきた。

ドアのノブに手をかけると、足元に纏わり付いて離れない、更に頭を傾けて擦り付けてくる。

邪魔者にはお仕置きが必要だ、俺は首根っこをヒョイとつまみ、ベッドに置いて顎の下をくすぐり続けた。

「何をする!止めろ」とでも言ってるのか『ニャッ、ンニャ!』と鳴いてるが止めない。

それを10分程していると、グタッとして俺のベッドでダウンした、良い気味だ。

ダウン間際に最後の抵抗か?指を軽く噛みやがったが、俺様には全く効かないので好きにさせてやる。

帰ってきて早速、円筒状の入れ物から取り出したネチョネチョした物体を食わせる。

余程、腹ペコだったのだろう、凄い勢いで食べ始める。

馬鹿なチビ助゙だ「アゴが弱くなるぞ、高級品で軟らかいからな」

そろそろ寝ようと、電気を消してベッドに入るとあろう事か、先にもぐりこんでいやがった。

追い出してやろうとしたが、体が温かい事に気付く。

最近寒くなってきたところだ、今日からは一緒に寝ることにしよう

別れの時

たまに猫より少し大きいくらいの専用プラスティック箱に入れて車に乗せて振動攻撃

そして白服を着た女性2人に押さえつけられ、白服の男に針を刺してもらう。このときの悲鳴にはさすがに耳を覆う。

白服に金を渡し、来月も来ると約束する

元気がなくなったのでここぞとばかり白服屋敷へ何度も行く

声もあまりでないようだ  ある日か細い声で、一言「ニャー」と私につぶやいた。恨み言だろうか・・・

つぎの日静かに息を引き取った。

燃やしてもらい、呪文を唱える和尚にさらに攻撃してもらう。

今もなお。和尚の元に通う まだ私の攻撃は続いている・・・

(原文まま)

文章の隅々に隠された男性の優しさと愛情に、思わず涙が溢れます。

短い命でしたが、最期に自分の居場所を見つけた子猫は心安らかに眠ることができたのではないでしょうか。

コワモテのおじさんがお人形さんと2ショット!?この写真が全世界で話題になった理由に心温まる


アメリカ・カンザス州在住のトレントさん。

トラックの運転手をしており、少々いかつい風貌からは想像もつかないような写真が全世界で話題を集めています。

なんと仕事場に可愛いお人形さんを連れて行き、一緒に仕事している様子をFacebookに投稿しているのです。

傍から見るとちょっと痛い人のように思えてしまうかもしれませんが、実はこれにはある理由があったのです。

この写真を撮った理由を知った人たちは心が温まり、多くの人々にシェアされました。

人形を連れている理由

無表情ながら可愛い人形のアビーと一緒にツーショットを撮るトレントさん。

実は彼の愛する娘のジョセリンちゃんに、人形のアビーの面倒を1日見てもらうように頼まれたのです。

可愛い娘の頼みとあれば、断るわけにもいきません。

人形のベビーシッターを引き受けたトレントさんは、ちゃんとに面倒を見ていたこと、そしてアビーにも楽しんでもらったことを娘に報告するためにその日の様子を写真に収めることにしました。

運送業を営むトレントさん自身のトラックに一緒に乗って、一緒にドライブを楽しむ様子も撮影されました。

さらにはジョセリンちゃんのお爺ちゃんまでをも巻き込み、人形アビーのシッターは続きます。

人形のベビーシッター

こちらにうつる男性はジョセリンちゃんのお爺ちゃん。

アビーの背中にしっかりと手を添え、可愛がっている様子を表現してくれています。

トレントさんは農作物の収穫を行う会社も営んでおり、そこにもアビーを連れていってくれました。

積荷に卸される農作物を眺めるアビー、どうやらチェックしてくれているようです。

トレントさんの収穫のお手伝いもしてくれています。

この様子を会社のFacebookに投稿したところ、またたく間にシェアされ多くの人の心を温めました。

トレントさんが娘を心から愛していることが伝わる微笑ましい写真たち。

ジョセリンちゃんもこんなに優しいパパのことが大好きな事でしょう。

ちなみに最近アビー以外にも新しい家族が加わり、トレントさんは計3人分の面倒を見る日もあるようです。

全国にハッピーをもたらしてくれたトレントさん親子、いつまでも仲睦まじくいてほしいですね。