「最後だとわかっていたなら」10歳で事故死した息子のために作られた”詩”に涙が止まらない

親にとって我が子は何にも代えがたい、世界で1番大切な存在ともいえるでしょう。

しかし、もし我が子との別れがやってきたら・・・。

ノーマ・コーネット・マレックという女性もまた、最愛の息子を事故により失いました。

あまりにも早すぎる別れに、ノーマさんは息子に伝えきれなかったすべての想いを綴ります。

これからご紹介するのは、そんなノーマさんの想いから生まれた一遍の詩です。

突然の別れ

ケンタッキー州ラインフォークで生まれたノーマさんは、美しい山々に囲まれた大自然の中で祖母に育てられました。

やがて大人になり結婚したノーマさんは2人の子宝に恵まれますが、幸せな生活が長く続くことはありませんでした。

夫との関係が破局を迎え、離婚することになったノーマさん。

なんとか愛する息子の親権を勝ち取ることができたのですが、元夫はその決定を無視し強引に息子たちを連れ去ってしまったのです。

息子たちを奪われたノーマさんは警察の協力を得て、2人の行方を必死に探し回りました。

それから2年もの歳月が流れたある日、ノーマさんは予期せぬ形で息子たちの消息を知ることになったのです。

愛する我が子の死

2年も探し続けた息子たちの行方・・・その知らせは何よりも嬉しいものとなるはずでした。

しかしノーマさんは突き付けられた現実に、深い絶望の淵に叩き落されます。

発見された息子の1人、長男であるサムエル君がこの世を去ったという知らせだったのです。

当時10歳だったサムエル君は溺れている小さな子供を助けようとし、逆に自らの命を落としてしまったといいます。

小さな子供を守ろうとした優しい少年の、あまりにも痛ましく、そしてあまりにも早すぎる死でした。

2年ぶりに再会した息子は、何を語ることも笑いかけてくれることももうないのです。

その後引き取った次男と共に暮らす日々の中で、サムエル君に伝えきれなかった想いを書き綴っていきました。

そして最愛の息子への想いが込められた詩に、多くの人が涙を流しました。

どうか子供がいる親御さんにも読んでもらい、何事もない子供との時間について何かを感じ取っていただきたいです。

「最後だとわかっていたなら」


「最後だとわかっていたなら」
作・ノーマ コーネット マレック / 訳・佐川 睦

 
あなたが眠りにつくのを見るのが
最後だとわかっていたら
わたしは もっとちゃんとカバーをかけて
神様にその魂を守ってくださるように
祈っただろう

 
あなたがドアを出て行くのを見るのが
最後だとわかっていたら
わたしは あなたを抱きしめて キスをして
そしてまたもう一度呼び寄せて
抱きしめただろう

 
あなたが喜びに満ちた声をあげるのを聞くのが
最後だとわかっていたら
わたしは その一部始終をビデオにとって
毎日繰り返し見ただろう

 
あなたは言わなくても
分かってくれていたかもしれないけれど
最後だとわかっていたら
一言だけでもいい・・・「あなたを愛してる」と
わたしは 伝えただろう

 
たしかにいつも明日はやってくる
でももしそれがわたしの勘違いで
今日で全てが終わるのだとしたら、
わたしは 今日
どんなにあなたを愛しているか 伝えたい

 
そして わたしたちは 忘れないようにしたい

 
若い人にも 年老いた人にも
明日は誰にも約束されていないのだということを
愛する人を抱きしめられるのは
今日が最後になるかもしれないことを

 
明日が来るのを待っているなら
今日でもいいはず
もし明日が来ないとしたら
あなたは今日を後悔するだろうから

 
微笑みや 抱擁や キスをするための
ほんのちょっとの時間を
どうして惜しんだのかと
忙しさを理由に
その人の最後の願いとなってしまったことを
どうして してあげられなかったのかと

 
だから 今日
あなたの大切な人たちを
しっかりと抱きしめよう
そして その人を愛していること
いつでも
いつまでも 大切な存在だということを
そっと伝えよう

 
「ごめんね」や「許してね」や
「ありがとう」や「気にしないで」を
伝える時を持とう そうすれば
もし明日が来ないとしても
あなたは今日を後悔しないだろうから

1989年に発表されたこの詩は、9.11同時多発テロの犠牲となった方々を弔う追悼集会やテレビなどで朗読されたことをきっかけに多くの人へと広まりました。

作者であるノーマさんは2003年に末期がんであることが発覚し、翌年2004年7月18日にその生涯を終えました。

世界に感動を与えてくれた女性詩人の早すぎる死。それは本来、悲しむべき出来事なのかもしれません。しかし僕は、ノーマさんの死を悲しむ気にはなれないのです。

なぜなら、きっと旅立ったノーマさんは天国で愛するサムエル君と再開し、生前に伝えきれなかった溢れる想いを伝えただろうと思うからです。

ありふれた言葉ではありますが、今誰かが隣にいてくれることは当たり前のことではありません。

子供だけでなく、親、彼氏、友達、夫、すべての関係において別れはいつやってくるのかわからないのです。

今という時間を共に過ごせるという事は大きな奇跡だという事を忘れずにいてほしいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*