【泣いた】「僕の夢はパパみたいな消防士になること!」ガンと闘う3歳の男に舞い降りた奇跡


幼い男の子にとって、父親はヒーローであり憧れの存在です。

今回ご紹介する少年もまた消防士である父親に憧れ、父親のような立派な消防士になるのが夢になっていました。

しかし少年が1歳になり、2歳になろうというときに恐ろしい病魔が襲い掛かります。

それでも小さな身体で必死に闘い続け、夢を諦めなかった少年に素敵な「奇跡」が舞い降りました。

パパみたいな消防士になりたい!

トラッカーの父親は消防士です、幼いトラッカーにとって消防士の父親は憧れのヒーロー。

いつしか彼は父親のような立派な消防士になるのが夢になっていました。

しかしそんなトラッカーが2歳になる前に突然彼を病魔が襲います。

幼い少年を蝕む病魔の正体は「進行性の神経系の癌、神経芽細胞腫」でした。

神経芽細胞腫は小児ガンの代表的なものの1つで、神経を作る細胞の若いものが悪性化してかたまりになる悪性固形腫瘍の1つです。

懸命な治療を続けたトラッカーですが、それをあざ笑うかのようにガンは進行していきます。

そして両親はトラッカーに少しでも適切な治療を受けさせるため、ハワイからニューヨークの病院へ移る決断をしました。

この時トラッカーに付き添えたのは母のみ、大好きなお父さんとは離れ離れになってしまします。

ですが、ニューヨークの病院で腫瘍を摘出する手術を受けられることが決まったのです。

ニューヨークで起きた奇跡

ニューヨークの病院にうつったトラッカーは、何度も手術を受けました。

頭に無数の傷跡が残りましたが、それでも幼いトラッカーは負けずに病魔と闘います。

彼の夢は消防士になる事、病気になど負けていられないのです。

そんなある日、ニューヨーク市消防局の消防士が、ボランティアの一環でドナルド・マクドナルド・ハウスに訪れました。

ドナルド・マクドナルド・ハウスはその名前の通り、ファストフードチェーンのマクドナルドが運営する施設。

この施設は日本を含む全世界に展開されており、病気と闘う子供を支援するほか、家から遠く離れた病院へ付き添う家族の滞在施設としても利用されています。

そして幸運にも、トラッカー同じ施設でつらい治療を終えた身体を休めていたのです。

憧れでありヒーローでもある消防士に会えるという事で、トラッカーはとても興奮しました。

ある消防士との出会い

偶然居合わせたボランティアの消防士が目に飛び込み、、一目散に駆け出したトラッカー。

そして消防署長のジム・グリスマーさんの目の前まで来ると自己紹介をしました。

ジムさんは当時についてこのように話します。

「男の子が目をまん丸くして興奮した様子で私のところに歩いて来ました。

私が腕を広げると、その子は私によじ登って抱きしめてくれたのです。

まるで何年も知っている友人に会った時のようでした」

そしてこの2人の出会いが、トラッカーに大きな幸せと奇跡をもたらしてくれることになりました。

なんと後日ニューヨーク消防局の消防士たちは、トラッカーを名誉消防士隊員に任命したのです!

立派な消防士の一員となり、彼の夢がかなった瞬間でもあります。

そして大きな希望をもらったトラッカーは順調に回復しており、今でもニューヨークの消防士と交流を続けています。

家族やニューヨーク市消防局の消防士たちの愛の溢れるサポートと、彼自身の生きる意志が病魔を撃退しようとしています。

何年か後に大人になったトラッカーも多くの人に
夢や希望を与える素晴らしい消防士になることでしょう。

トラッカーはまだ3歳、少年の物語は始まったばかりです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*