【感動】若かりし祖母が貰った別れの手紙。70年の時を経て発見された”本当の意味”に心打たれる


Twitterユーザー台湾人(@Taiwanjin)さんのおばあさんが70年以上前に貰った友人からの手紙。

ある日投稿者さんが読ませてもらったところ、この手紙の中に”隠されたメッセージ”が発見され話題を集めています。

「私が命の次に大切にしているもの」と祖母が大切に保管していた手紙から発見された、70年越しのメッセージに心打たれます。

70年越しのメッセージ

戦時中に寝食を共にした日本人から、台湾人であるおばあさんへ送られたという大切な手紙。

終戦期に一人台湾へ残るおばあさんへ宛てた別れの言葉が綴られていました。

そして投稿者さんは、この文章の中に隠されたもう一つのメッセージに気が付きます。

だ春…

木も なびく常夏の蓬莱へ

旗は はためく 青天の

気を 失はず 新しき出発よ

と心で結ぶ 新台湾

は さやうなら

「春草御元気で」

手紙にはもうひとつ、万感の思いを込めたメッセージが隠されていたのです。

命の次に大切にしている仲間から送られた宝物が、70年の時を経て実を結ぶ形となって本当によかったですね。

この手紙は多くの人の目に留まり、たくさんの反響を巻き起こしました。

現代はメールが主要となり、このような手紙は目にする機会が無くなりました。

ですが手紙というのは時を超えて、相手に心を届ける事ができる大切なツールです。

皆さんもたまには、大切な人へ宛てて手紙を送ってみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*