【感動】衰弱した猫と怪我を負った犬…。2匹がお互いに支え合う姿に涙が止まらない

2匹の運命の出会い

アメリカのケンタッキー州にある動物シェルターの「Kentucky Humane Society」である日、生後8ヶ月の子犬である「キング」がやってきました。

キングは足を骨折していたのですが、ここ数ヶ月間で何の処置もされておらず、保護してすぐに手術をしましたが完治することができませんでした。

キングが手術を終えてリカバリールームへ移されたのと同時に、生後4週間の子猫「ライラ」が衰弱した状態でやってきました。

ライラは貧血状態となっており、少しも目を離すことができない状態でした。

そんなある日、お互いの姿を見たキングとライラの間に心温まる出来事が起こります。

それは種族を超えて支え合う2匹の姿でした。

お互い支え合うキングとライラの姿

なんと手術を終えたキングは衰弱しているライラに呼びかけるように「クーン…」と呼びかけたのです。

そして弱っていたライラはそれに応えようと小さく「ニャア」と鳴きました。

その様子はお互いを励ましあって支え合っているようにも見えたのだそうです。

また不思議と2匹が一緒に過ごしていると、表情はとても穏やかなものになっていたのだそうです。

キングもライラもお互いが側にいるだけでとても幸せそうな表情をしていますね。

ライラはキングが近づくと嬉しそうに喉をゴロゴロ鳴らすこともあったのだそうです。

そしてキングが横になれば、ライラが側によってくっつくように横になる姿に心が温まります。

お互いになくてはならない存在に

そんな出会いを経た2匹は、翌日になるとリカバリールームの中を散歩するようになりました。

キングが行くところをライラがちょこちょこと付いていき、一生懸命ニャアニャアと鳴いて気を引こうとしていたようです。

そんな様子をキングも優しい表情で見ており、この2匹の絆はとても深いものになっていきました。

キングとライラはお互いになくてはならない存在になっていたのです。

この様子を見たシェルターのスタッフは、この2匹を同時に引き取ってくれる里親さんを募集することにしました。

これだけ絆の深い2匹を引き離すことなど到底できません。

またライラとキングもせっかく出会えた大切な友達と離れたくないと考えているはずです。

いつか優しい飼い主さんに引き取られ、2匹が幸せに暮らしていけるように祈りたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*