【泣いた】20年間苦楽を共にした愛犬の死・・・最期の瞬間まで寄り添い続けた2人の絆

犬を飼うということ。

1つの命を預かり、大切に、愛情をもって最期の時まで一緒に居てあげる責任と覚悟が必要なことです。

成長を見守り、共に生活し、時には叱り、大いに甘やかし、彼らは少しずつ成長し、大人になり、そしていずれ老いていきます。

私たち人間と比べると、あまりにも短く儚い命です。

気がつけば自分の愛する動物はあっという間に年老いていて、 別れが近づいていきます。

愛情を持てば持つほど、動物との別れは辛く悲しいものです。

「John」と「Shep」

アメリカ在住の「John」さんと、愛犬「Shep」

最期の瞬間まで寄り添い、励まし、そして別れを迎えた2人の姿に世界中が涙しました。

ShepがJohnさんの元へやってきたのは生後8ヶ月の頃。

そこから苦楽を共にし、長年連れ添ってきました。

気が付けばShepは19歳、人間でいうと100歳を超える老犬です。

高齢なのも相まって、Shepは重い関節炎にかかってしまいます。

痛さのあまり、動くどころか食事や眠ることすらもままならなくなってしまったShep。

湖を訪れ

その痛みを少しでも和らげられるようにと、JohnさんはShepを連れて湖を訪れます。

水中の浮力により一時的に関節炎の痛みが緩和されるため、毎日Shepを湖に連れて行っていたというJohnさん。

2人の写真を撮影したStonehouseさんはこう語ります。

「写真を撮ったとき、Shepはパパ(Johnさん)の腕の中で眠っていました。

それも、とても穏やかな表情で」

大好きなJohnさんに寄り添い、安心しきった表情のShep。

2人のきずなの強さが感じられる素晴らしい写真ですね。

別れの時

しかし、無情にも別れの時はやってきます。

20歳の誕生日を迎えた1ヵ月後、2013年7月にShepは虹の橋を渡りました。

日々弱っていくShepを間近で支えていたJohnさんは、どんなに心を痛めていたでしょうか。

しかしこれが動物を、1つの命を飼うことなのだという事を改めて痛感させられます。

Shepが亡くなった後、「相棒がいなくなって寂しくないですか?」という問いかけにJohnさんはこんなことをおっしゃっています。

「もちろん、寂しい。 けれど僕たちは愛に満ちた日々を一緒に過ごした。

彼は僕にとって大きな贈り物だった。 だから僕は彼を送り出しても幸せなんだ。」

私達人間にとっては10~20年という期間は長いようで短い、振り返ってみると一瞬です。

しかし、動物にとってそれは「一生」

人と暮らした数年、数十年そのものが、その動物の人生なんです。

最後まで傍に寄り添い続けた1人と1匹。

安楽死という安易な方法に走らず、自分に出来る事を探し続けたJohnさん。

最後まで一生懸命全力で生き続けたShep。

2人の絆は永遠です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*